記事タイトル:藤沢作品について・・・ 


記事一覧に戻る
お名前: NONKO   
竹庵さん、お久しぶりです。
するどいご意見ありがとうございます。
>下手な「若者ウケ」を狙わず・・・
  その通りだと思いますよ。でもね、なんで私が若い人にも読んで欲しいかというと
それは、前にも書いたかもしれないけど、最近「変な若い人」が多いような気がするんですよ。
なんと言うか、自分さえよければ・・・と言うような人。
もちろん、そんな人ばかりじゃないのも分かっていますけど・・・
ですから、そう言う人に優しく出来ない人や、自分本位の人達が、藤沢作品から何かを
感じてくれたらなあ〜とふっと考えたりしてしまう訳で・・
>わかる人には、わかる・・・
本当、そうなんだけど・・・

>『マトリックス』ばりの特殊効果をバリバリ利用した時代劇・・・
これって、すご過ぎません?なんか、疲れそう・・・
この間、マトリックスを見たばかりなので、記憶に新しいのですが、
そう考えると、藤沢作品に特殊効果って、なんか難しそう・・・ですね。
佐知とかが、特殊効果で消えちゃったりとか?やっぱり、これは、無理だ〜
想像できないです。(ごめんなさい)
でも、保守的と言われる割には、すっごく面白い発想をされるんですね。
竹庵さんは・・・やっぱり、そう言う意見は私には考えつかないもの・・・
マトリックスを見て、藤沢作品の映像化とはむすびつかなかった・・・
又、面白いご意見お願いします。それでは・・・
[2000年6月21日 0時18分0秒]

お名前: 竹庵   
こんばんは、お久しぶりです。一応「20代若い組」の竹庵です。

子供の頃に、布団に入ってから暗い中、隣から漏れてくる光をたよりに
こっそりと本を読んでいました。おかげで、早くに目を悪くしました…
今も図書館・本屋(多少薄暗いほうが望ましい)・古本屋といった空間が好きです。
こんな私は少数派でしょうか?

時代劇に限らず、テレビドラマ一般の面白さって何でしょう。
私は、最近の若い人向けのドラマをそんなに見ない人間なので何とも言えませんが、
登場人物がかっこいいと思えるとか、登場人物に感情移入できるとか、
人間が描けているかどうかが一つの面白さの基準ではないかと思います。
藤沢作品は、人間を描いた点ではかなり強烈な原作であるわけで、
下手な策を弄さず、まっすぐにぶつかっていって乗り越えていこうとするような、
人気よりも力量のある脚本家さんと俳優さんを使って映像化を図ってもらいたい、と
一藤沢小説ファン・時代劇ファンとして思います。

もちろん相当実験的な時代劇の可能性も否定できません。「奇をてらった映像化」で、
「『マトリックス』ばりの特殊効果をバリバリ利用した時代劇」なんてのも面白そうです。
ただそれには、それに見合った書き手さんが必要となるでしょう。
その路線での藤沢作品の映像化というのは… う〜ん
コンピュータを駆使した技術は確かにすごいですが、まだまだ作り物っぽい気がします。
藤沢作品の決闘シーンは迫力があるのですが、
そこだけ特撮というのも調和がとれてませんし、見たいような、見たくないような…

時代劇には、やはり客層があります。
中途半端に奇をてらって変えてしまうと、古くからの客に逃げられるかもしれません。
時代劇は演歌とともに、若者がなかなか振り返ってくれない分野の一つではないかと思います。
NONKOさんが資金とスポンサーの問題を挙げておられましたが、
どちらの業界も厳しい中苦闘しているのでしょうね。
それでも時代劇、特に藤沢作品の映像化に関しては下手な「若者ウケ」を狙わず、
「いいドラマ」を追求していってほしいなと思っています。
わかる人にはわかる!?

…私って若いくせに、えらく保守的ですねぇ。
ほかの若い組の方はどう思ってはるのでしょうか。
[2000年6月19日 23時52分17秒]

お名前: NONKO   
 こんにちわ。毎度、おなじみのNONKOです。
昨日、「藤沢作品についておしゃべりしましょう」の所を見ていたら、新しい書き込みを
発見しました。最近上の方の書き込みしか、見ていなかったので気が付きませんでした。
なんせ、無精物で、すみません。
管理人さんもしよろしかったら、「藤沢作品についておしゃべりしましょう。part 2]を
作っていただけませんか?上の方に・・・

 遅ればせながら、koichangさんはじめまして。
作品の映像化は原作に忠実だったら、本当面白いですよね。テレビの方が今の活字離れしている
世代には入っていきやすいと思いますし・・・それをきっかけに本を読んでくれたらいいと
私も思います。
>原作が影も形もなくなちゃう場合もあるし。
これは、あると思います。作ってくれる人によって、全然別物になってしまっている事って、
ありますよ。配役の事もその通りで、この俳優さん、この女優さんはイメージ通りだけど、
この人はちょっと違うかな?と言う事ってありますよね。
テレビ化された藤沢作品の中でもあまりにイメージと違って、そのテレビは見なかった事が
私はありました。いくら、その時はやっている人でも、これはちょっと・・・と言う場合も
ありますね。
>今の若い人を時代劇を見るように引っ張るには相当奇をてらった映像化をしなければ
 なりません。
それも、そうだと思います。ですから、難しいのでは・・・
結局藤沢作品て派手ではなく、落ちついて地味なところが良いと言われている訳ですから
うまく作らないと若い人むけの映像にはなりにくいのかもしれません。
今までのテレビ化された作品の中にも面白い物は沢山あると思いますが、若い人にうけるか
どうかは?です。
後は、時代劇にはお金がかかるので、スポンサーの問題も大きいようです。
藤沢作品にかぎらず、本からは色んな知識を得られるので、私は本を読むのは大好きです。
暇があれば本屋さんに行っています。
若い人の活字離れってなんでそうなったのかしら?ひとつ、楽しみを損しているような気が
します。なんか、もったいないなあ・・・
私が子供の頃なんて、「もう寝なさいよ〜」と言われてからも本が読みたくて布団の中に
懐中電灯を持ってきて、布団をかぶって読んだ記憶があります。そして、親に怒られた・・・
今の子は布団にもぐって、テレビゲームなのかな?
それでは、又20代若い組のご意見も楽しみにしています。これからも、よろしくお願いします。
[2000年6月18日 19時30分34秒]
記事一覧に戻る