記事タイトル:藤沢周平をより楽しく読むために 


記事一覧に戻る
お名前: 慈々   
時代小説を読む時、例えば100石取りの武士って、2001年では
どれくらいの収入になるのか、なんて疑問持った事有りませんか?

海坂藩に、22歳の美男剣士が切米100石で仕官したとします。
彼の年収は、2001年換算すると幾らになるか?

一石=2.5俵、1俵=60キロ、1キロ(店頭)=700円
100×2.5×60×700=10500000円
ただし、玄米支給となるだろうから、二割減収とします。
約840万円の手取りとして、16ヶ月(ボーナスなど)で割ると、
22歳の美男剣士の月収は手取り、52万5千円となる。
結婚し、子供が産まれ、下男下女を雇い入れ、馬も飼はなくてはならな
いとなっても、収入が増える事はないのが辛い。

藩に借り上げられたりしたら、生活は苦しくなるばかり。
これが、20石程度の下級藩士となれば、・・苦しい。

ちなみに、学士採用の手取りを16万とした場合、海坂藩では25石弱
で藩士に取りたてたことになる。

*物価が違うので、生活水準を単純イメージすることは出来ません。
  計算もおおざっぱですので、悪しからず。
[2001年1月19日 14時47分42秒]
記事一覧に戻る