記事タイトル:NONKOさんへお礼 


記事一覧に戻る
お名前: 慈々   
NONKO さん、優しいフォローをありがとうございます。
kouchanさんご迷惑をお掛けいたします。
      
>(略)ところで、蒲生さんは藤沢周平の師範学校の時の同級生の方ですね。

そうですね。専門は「森鴎外」だと聞いたことがあります。

>(略)鶴岡に『寒梅忌』と言う藤沢周平愛好会と言う会があるのはご存知でしょうか?(略)

まったく知りませんでした。何しろ「藤沢周平」のホームページを作っている人が居るのにも
驚いたほどで、検索エンジンで「残日録」の横山さんをはじめてみた時、嬉しくなってDMを
出したほどでした。

>(略)良い人は、早くいなくなるって、アレは本当かもしれない・・・なんてなんだか寂し
       くなってきちゃいました。

3年前の朝、「アッ、藤沢先生がお亡くなりになった」と、妻に教えられた時、出勤後もずっ
と泣いていました。
しばらくは、本屋にも入らず、時代小説も読まず、と言う日々でした。
藤沢先生が、大泉学園に移られた頃は、近所に空き地が沢山あって「〜あそこが、五味康祐先
生のお宅で、ここ(お隣)はお医者さんなので、心強いんですよ〜」などと。

>ところで、kouchanいつもページをお借りして言いたいことを言いまくりですみません。

他に話した事はないのですが、自分の中に仕舞い込んでいる直の思い出を、少し話してみよう
かと言う気持ちになっています。
ここにpostしてもよろしいでしょうか。ただし、20年もまえの話だけなのですが。
[2000年2月16日 14時36分1秒]
記事一覧に戻る