記事タイトル:カロロ 


記事一覧に戻る
お名前: kochan   
 たーさんこんばんは。いつも情報ありがとうございます。

 「めい」の真似は次男の十八番で、児童館のボランティアでも「似てね〜」と大絶賛(?)
されているものです。それを妻が真似しているという三角形の馬鹿笑いでした。

 全集の読書もやっと5巻まで来ました。妻も単行本を読み始めてます。(やった!)

 こちらでは映画「蝉しぐれ」の前売り券の発売が開始されましたよ。合併の日がスタートとい
うのは、南庄内には記念すべき日かもしれないと思っています。合併の精神が藤沢周平の精神で
あったなら、必ず日本に誇れる地域になれる。それが嘘で無い気がしてくる。

 カロロの撮影頑張っちゃいます。
[2005年7月20日 22時47分8秒]

お名前: たーさん   
お久しぶりです。リンクアドレスで見ました。
「ケロロ」とても綺麗な小鳥ですね。同時に素敵なホームページですね。

「ケロロ」が出てくる作品は『周平独言』の「汗だくの格闘」の「六月の赤い鳥」。
ただし、藤沢さんはひらがなで「けろろ」としていますね。
なぜ赤い鳥なのか、藤沢さんのお話はとてもいい話で心に残りました。
どこにあったか探すのが面倒な方がおられるかなぁ・・と思い、
つい書き込みしちゃいました。m(__)m

それにしても奥様と二人馬鹿笑い・・仲の良いことでいいですね。
[2005年7月19日 10時3分32秒]

お名前: kochan   
 藤沢作品の中では「ケロロ」という名前で何かの作品に登場していたと記憶していますが、今
日の昼ごろ、妻と二人で食後にぼやぁ〜としていたらカロロの声が聞こえてきました。
 私の耳には確かにカロロロロ〜と聞こえます。

 「あ!カロロ来た!、探してくる!」と私が言うと、妻が「カロロ?カロロ?あなたカロロな
のね〜〜」とトトロの「めい」の真似をしたので、二人で馬鹿笑いしました。

 カロロの捜索は、川に行っても山に行っても姿を見つけられず、今日も空振りでした。

 一度で良いから姿を見、そして願わくば写真におさめたい。今年の夏の目標です。

 カロロは「アカショウビン」という鳥なのですが、勝手にリンクさせていただけばこんな鳥です。
 http://musashi22.cool.ne.jp/bird/050521akasyobinSS.htm
 宮元御夫婦に心から感謝します。
[2005年7月18日 21時15分31秒]
記事一覧に戻る