記事タイトル:お買い物メモ 


記事一覧に戻る
お名前: NONKO   
横山さん、お元気そうでなによりです。(^−^)
丁度、横山さんの書き込みがあった日に鶴岡から、お客様があり、わざわざ、鶴岡から
焼いたお魚とお漬物をお土産に持ってきてくださいました。
その日の我が家の夕飯は、その焼き魚と、民田茄子のお漬物。
とってもおいしかった。(^−^)
前にやっていた、BSのテレビの中に、民田茄子を作っている方が写っていました。
その方のお顔を思い出しながら、味わって頂きました。

横山さんのお宅は当分、庄内の味を楽しめますね。
家もまだ、赤かぶのお漬物、とってあるのです。いつ食べよっかな〜。

それにしても、未だ不思議なのはなんで、東京のお魚屋さんでは、焼いた魚は売っていないのだろう?
鶴岡に行くと、お魚屋さんの店先で魚を焼いているのを見かけます。香ばしい香りに誘われて
つい、食べたくなります。
東京では焼き鳥か、うなぎぐらいしかその場で焼いているのは見た事がありません。
なんでだ?

たべものの話ついでに・・・
この間、近くのスーパーでお団子やさんが出ていたので、買いました。
大坂から来ているおじさんで、10本買ったらまけてくれました。(笑)
いい人だったな〜。
[2001年11月29日 14時24分24秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
大阪では、朝の散歩に手袋がほしくなりました。みなさんとこはいかがですか。


僕は別にグルメではあらしまへん。どちらかというと、食べるの面倒くさいと
思う方です。みかんの皮をむくのもめんどくせえや。

藤沢作品の庄内の食い物はうまそ〜。で、数年前の鶴岡旅行で少しだけいただき
ました。うまいなあ。漬け物もたまらん。

駅前の郷土料理の店で 「だだちゃ」(枝豆)を買い、ホテルまでの夜道食べなが
ら帰りました。えっ、「殻はどうしたか?」って、鶴岡市民のみなさん、もうし
わけございません。こんど行ったら、駅前の掃除をさせていただきます。

-----------------
さて、大阪・阪急百貨店で「山形物産展」。大入り満員。試食満腹。

・白山だだちゃ ゆがいて冷凍にしたもの  1000×2
・鶴岡赤かぶ、鶴岡小なすのおつけもの   400×2
・棒だら煮                1000

・いも煮会パック(寒河江) 湯で暖めて   500位
・すぐ卵(山形市) 味付け卵        250×2

妻  「あんた 枝豆、こんなにようさん買オてきて、なに考えとんの?」
私  「冷蔵庫に入れておいたら、1年持つんやて」
妻  「ほんまにもう、ええかげんにしい」

-----------------
会場で入手した「鶴岡観光ガイドマップ」(観光協会)に「藤沢周平 その作品
とゆかりの地〜作品名案内標柱設置場所」の地図がありました。
[2001年11月26日 22時6分37秒]
記事一覧に戻る