記事タイトル:藤沢作品の不思議 


記事一覧に戻る
お名前: 青江松三郎    URL
こんにちは、青江です。
ようやくリンク貼らせていただくことが出来ました。
大変遅くなってしまい申し訳ありません。良かったら後ほどご確認してください。
[2001年1月21日 16時48分55秒]

お名前: 青江松三郎    URL
kochan>

リンク確認させていただきました♪ すみませんしょーもないサイトなのに(^^;
でもってウチはまだアップしておりません。週末には必ず・必ずぅぅぅぅ(汗)

☆「バーカンティーン ドイッチェラント」
これは、ジャック・ヒギンズという作家が書いた「脱出航路」という本に出てくる
帆船の名に由来します。「ブリガンティン型帆船、ドイッチェラント号」という意味です。

さして深く考えたわけでもなく決めたサイト名なんです〜〜〜(^^;;;
本家の名を汚しまくってる気がする今日この頃(苦笑)
[2001年1月11日 22時49分22秒]

お名前: kochan   
青江松三郎さん

私のトップページからも勝手にリンクさせていただきました。

ところで「バーカンティーン ドイッチェラント」ってどんな意味なんですか?
[2001年1月10日 19時23分13秒]

お名前: 青江松三郎    URL
ご無沙汰しておりました。
ちょいと自分のサイトの更新が忙しくて(笑) 

実はこの問題、僕も以前から気になってまして、
(確か「よろずや平四郎活人剣」の解説にも同様のことが書かれていたはずです)
僕は自分なりに結論づけていたのですけれども、慈々さんの書きこみでその考えが
違っていたことが判りました。(どんな考えか・・・それは僕のサイトの隠しページにあります(笑))
いやー僕も疑問が解けてスッキリしました。慈々さん、ありがとうございました。


ところで、ついでと言っては何ですけれど(^^; kochan、リンク貼らせて頂いて
よろしいですか? バナー作るのも貼るのも諦めましたので(爆)

ウチはその・・・何と申しますか、ヘンなサイトなので、人様の前に出すのを躊躇っていたの
ですが・・・差し支えなかったらで結構ですので(^^;;;;

それでは、また。
[2001年1月5日 23時9分20秒]

お名前: たーさん   
滋滋さん、皆さん、役に立たないなど、とんでもありません。
永年の疑問が全て氷解しました。
やはり藤沢さんは、正しい表現をされていたのですね。
嬉しいです。広辞苑を開いて、更に納得です。勉強になりました。
二十一世紀幕開けの最大のプレゼントです。
本当に有難うございました。今日は一人で一杯やります。
[2001年1月5日 17時25分54秒]

お名前: 慈々   
しばらくぶりでございます・・>皆さま

たーさんは、さすがに良く読み込んでいらっしゃる。気がつきませんでした。
「々」「〃」は、繰り返し符号と言われています。おどり字とも言われます。
他にもあるのですが、現在では、上の二つ以外は、新聞・雑誌等では使わな
いようになっています。
*広辞苑で「おどり」で引けば出てきます。

藤沢先生は、表現・表記に随分気配りされていたように思います。
例えば「ひらがなで分かるのに、わざわざ漢字を使って重重しさを装う事はない」
「小説(作品)の字面は、見た目も考慮する」と話してたように記憶しています。

おどり字は、もともとが略字ですから、「家家」「久久」と書き表すのが正しいと
言えるのではないでしょうか。ただし「家々」「久々」といった書きは市民権を得
てるんですけどね。
ちなみに「家〃」「久〃」と言うふうな「〃」は誤りです。

藤沢先生は、文字一つの表し方にも、作家としてのこだわりを持っていたのではな
いでしょうかネ。

たーさんの”気になって”の解消には、役立たなくてすみません。
[2001年1月5日 10時30分39秒]

お名前: kochan   
横山さんから前に同じ質問があったのですが、私には荷が重い質問でした。

どうなんでしょう?どんなふうにみんさん感じてるんでしょう?

横山さん。NONKOさん。慈々さん。青江さん。etsuさん。相模屋さん。あんぷらぐどさん。
竹庵さん。ダイスさん。美咲さん。その他この掲示板に来てくださるみなさん。

是非コメントをください。

それから、みなさん今年はありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
[2000年12月31日 20時47分32秒]

お名前: たーさん   
KOCHAN様、皆様、最近メッセージボードへの発言が少ない感じなので、
投稿は不得意なのですが、21世紀に繋げる意味で書きま〜す。

藤沢作品では、『家家』とか『久久』等、必ず同じ文字を続けて使われています。
昔から気になっていました。(解説者で取り上げた方もおりました)

勿論、どのような書き方、使い方が正しいのか、私は知識が無いのですが
何となく『家々』、『久々』と書くのが一般的のような気がしているのですが・・

藤沢さんは、徹底的に拘っておられたように思えます。(蝉しぐれで例外あり)
何故なのかな〜、どんな理由からかな〜、どなたか知っておられる方がいないかな〜

気になって気になって、仕方がないたーさんでした。
[2000年12月26日 17時53分54秒]
記事一覧に戻る