記事タイトル:『蝉しぐれ』をポケットに 


記事一覧に戻る
お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
NONKO さん              大阪のおっさんです。

「名作をポケットに〜『蝉しぐれ』」は「googleのイメージ検索」で「藤沢周平」と
検索して見つけました。
http://www.google.com/intl/ja/
藤沢周平関係の画像のあるHPが検索されるおもしろいものです。

 
いいところに出会いましたね。ラッキーですね。

知人の編集長氏も 自分の本を店頭で手に取っているお客さんを目撃し、どきどき
しながら、「買ってくれたら、昼食でもご馳走したい!」と念じていたそうです。
結果は あかんかったそうです。でも、「一度は目撃したい」と話していました。

僕も、好きな作家の本・藤沢周平さん・飯嶋和一さん・・・たちの本を手にとって
いる人の横顔を盗み見したり、「買え」と念力を送ったりします。あるときは、
かなり熱心に藤沢さんの本を見ていましたので、「藤沢周平さんはいいですねえ」と
声をかけてしまいました。「ええ」と返事はしてくれましたが、すーと離れていかれ
ました。

新手のナンパと思われたのかな(笑)

みなさん、こんど書店で念力を感じたら、それは僕が送ったものですからね。
       (そんなもん送らんとつてえな by 全国の藤沢周平ファン)
[2001年11月11日 17時1分38秒]

お名前: NONKO   
 横山さん、さっそく見ました。(^−^)
確かに、あの蝉の写真では、無理ですね。(笑)
私は、著者本人の一枚目の写真がかっこよくて気に入りました。(笑)
あれ〜?見てる所が違うって?
失礼しました。(^−^)
それにしても、横山さんさすがですね。全然気が付きませんでした。
ありがとうございました。

書き込みついでに、昨日本屋さんで、『静かな木』を買っている人を発見!
サラリーマンの人が『静かな木』を手にとってから、棚に戻して
(あれ〜・・・買わないの?)と思ったら、部下らしき人を連れてきて、新潮社の藤沢周平の
棚を見せて、「こんなにいっぱい出てるんだぞ」と言いその後、『静かな木』をもう一度、
手にとり「これが最後の本だ・・・買ってくる」と言ってレジに行かれました。
ず〜っと横にいて耳がダンボになってしまいました。買ってくれて、ほっとしました。(笑)

それから、さらについでに情報です。
新潮社の『天保悪党伝』早くも、重版したそうです。ついこの間出たばかりなのに・・・
びっくりです。

東京も今日は風が強くて、寒かったです。なんか、秋を通りこして冬になりそう。
鶴岡はどうなんでしょうねえ・・・
みなさん、風邪をひかない様、あったかくして寝ましょうね。
[2001年11月6日 23時7分9秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
 大阪では 11/6火曜日に 木枯らし一号がふきました。みなさんのところはいかがです
か。鶴岡はもう冬支度でしょうか。

 掲示板の「BS放送」で紹介された★「名作をポケットに〜『蝉しぐれ』」★のホーム
ページをみつけました。

 それによると、あの番組は NHK仙台が作成したものらしいです。ホームページには
番組でのいくつかの映像や簡単なコメントが紹介されています。大木に一匹だけとまっ
ている蝉の写真は笑います。あれでは、蝉しぐれにはならんでしょうがね(笑)

http://www.nhk.or.jp/meisaku/PocketM024.html
[2001年11月6日 21時32分39秒]
記事一覧に戻る