記事タイトル:鶴岡の小路 


記事一覧に戻る
お名前: 横山 稔    URL
 鶴岡に藤沢さんのあとを訪ねて訪問したことがあります。道をたずねるときに、
「藤沢さんのあとをたずねてきました」というと、「私も大ファンでして、休日
には小説と地図をもってその地を探しています、という中年の女性の方もおられ
ました。
 「ここが、武家屋敷のあったあたりですか」と聞くと、たしか本があったと
家から本を持ってきてくれたおじさんもいました。
 富塚さんのご本は実在の地名の本だと思いますが、どなたか、「藤沢小説・地名」
辞典をお作りになりませんか。これは、その著者の自由な解釈でいきます。
 例えば、『蝉しぐれ』の死骸を車で運んだ坂道
    実在の地名   小説の地名   その理由

というふうに。これは、言ったもん勝ちにしたらいいです。井上ひさしさんの
「海坂藩」地図もあることだし。

 長谷川さん、ありがとう。お先にお礼を。
[1998年12月8日 9時35分10秒]

お名前: kochan   
 「鶴岡の小路」という個人出版の本を買いました。
 富塚喜吉(とみづかきよし)さんという方が書いた本で、タイトルのごとく鶴岡の小路(こうじ)
を写真とともに、由来などを紹介しています。
 ここに住んでいる私たちも呼んでいるのに由来を知らなかったり、呼び名がすたれそうになった
小路がたくさん出てきます。
 この本は、山王町の阿部久書店で売っているのですが、今日買いに行ったら残りは2冊。その
2冊を買ってしまいました。
 横山さんに後でお送りします。
 本の内容は今後掲載します。
[1998年12月5日 22時28分17秒]
記事一覧に戻る