記事タイトル:藤沢さん ふたつ 


記事一覧に戻る
お名前: kochan   
 横山さんお元気ですか? 
 いやいや...掲示板をみれば横山さんが元気なのは分かりますよね!?

 アミューズは買いました。弟さんとかが出てて興味深い内容でしたね。
 藤沢さんが手がけた本に、「深川散歩」?とかいう本がありますが、江戸
というのも藤沢さんが熱心に調べたりしたんだろうなと思いましたね。

 最近、「義民がかける」をやっとのことで読みました。長編なので端から
忘れてきてしまうんですよ。情けないですね。
 でも、庄内藩が舞台ですからとても興奮して読みました。
 今、石原莞爾の資料展をやってます。庄内のカタムチョの代表として藤沢
さんが見た人なので私も行ってみたいと思っています。
 この石原莞爾さん、最近この人に関する本が沢山出てるようですね。昔出た
本は縮刷版で3万円もするんです。職場に持っている人がいたので拾い読みし
たら、ほんとにすごい人ですね。予言者のような人です。
 機会があったら、このカタムチョ大先生についても調べてみてはどうでしょう?
[1999年8月12日 20時47分12秒]

お名前: 横山 稔    URL
 暑いですねえ。お元気ですか。

 こちら、三屋清左衛門さんとはまた違った隠居生活を送っています。週に三度、■アムネスティという
人権擁護団体事務所にボランティア ■パソコン教室 ■英語教室「中高年のためのやり直し英語・中1」
コース に行ってます。清左衛門さんの経書の勉強が パソコンと英語かなあ。私とこにはもめ事の処理
やら市役所の陰謀の肩入れをしてくれ なんて相談はありません。あるはずないけどね。

 さて、新刊『人生に志あり 藤沢周平』〜藤沢作品論
    雑誌『アミューズ』〜小説舞台をあるく
が出版されました。「残日録」にも少し紹介させていただいています。ご覧ください。
長谷川さんに案内していただいた所も出ています。懐かしい風景です。
藤沢周平さんの弟さんがお兄さんのことを本に書いているそうです。もし、発行されたとのニュースがあれば
教えてください。

 蝉しぐれの夏を 元気にのりきりましょう。
[1999年8月10日 9時52分59秒]
記事一覧に戻る