記事タイトル:藤沢周平展とこの掲示板の不思議 


記事一覧に戻る
お名前: 慈慈   
さんざん気を持たせてしまい、本当に本当にすみませんでした。
本来なら、追放処分になっても文句をいいないところですが、寛大な皆様に深く
お礼申し上げます。

 さて、藤沢先生がある意味理想とした作家とは「伊藤桂一氏」です
 藤沢先生の習作時代、伊藤桂一氏は直木賞受賞から数年でしたが、戦記小説や
時代小説で活躍していました。
 職業とは別に、好きな小説を好きなときに書き、発表する場があるという生活を
希望していた藤沢先生は、伊藤桂一氏に理想的作家生活を見たのかもしれません。

 エッセィのどこかに「仕事の合間に小説を書くという生活が一番良い」という風
な発言があったと思います。

 で、証拠ですが、見つかりませんでした。声かメモが残っていたと思い込んでい
たのですが、みつかりませんでした。私の記憶だけだったようです。
 管理人さんには、お詫びに「海坂」と「ふるさと」を送りました。

 みなさまにも、深謝です。
[2006年1月12日 11時23分10秒]

お名前: 慈慈   
エミさん、こんど藤沢周平を語りましょう。
彦さん、残念ですがハズレです。
この出題は、藤沢先生がどんな作家生活に憧れていたのか、というのと密接な関係
をもっているものです。藤沢先生の人生観を如実に現していることでも有るのです。
と書き込んで、気づいたのですが「証拠は有るのか」の声が聞こえそうなので、
「ある、然も確たるものである」と言い切っておきます。
これ以上は、管理人さんの期待のために伏せておきます。
でも、必ず明らかにしますから、ご期待ください(ちよっと心細くなってきたゾ)
[2005年9月14日 17時33分28秒]

お名前: たーさん   
慈慈さん:書簡は私も関心を持っています。
全集25に編纂されている書簡は、色々な意味で、ほんの一部でしょうから、かなり存在するのでしょうね。
鶴岡の喫茶「海坂」以前お邪魔したことがあります。靴を脱いで落ちつける店たったような。
コーヒーの名前が「佐知」「由亀」・・・たしか「三緒」を飲んだ記憶があります。

彦さん:当たり外れは別として、さすがエッセーの鬼、すごい、感服しました。
「藤沢周平のすべて」の藤沢さんの頁『なぜ時代小説を書くのか』のくだりですね。(単行本初版302ページ)
唯、慈慈さんはどこにも書いていないとおっしゃっていますから、いかがなものでしょうね。正解が楽しみではあります。

KOCHANさん:23時9分38秒の書き込み、その時刻にまだ職場なの?
合併でお忙しいのかも知れませんが、サラリーマンの鑑ではありませんね。(笑)
もっと不真面目であってください。(これは冗談です)

世田谷の周平展の関連情報、NHK、学芸通信社、朝日新聞、産経新聞その他かなりマスコミから関心があるようです。
9月21日朝日新聞朝刊に記事が掲載される情報がありますが、その他でいつ掲載(放送)されるかは不明です。
情報が入り次第、順次書き込みます。9月17日以降の新聞各紙注意が必要ですね。

9月15日発売のオール讀物ムック本。(横山さんからの情報でご存知の通り)
平積みになっている、文春文庫「秘太刀馬の骨」の帯に広告がありました。
「蝉しぐれの世界」       /井上ひさし
「インタビュー」        /市川染五郎
「藤沢ミステリー&ホラー」傑作選/宮部みゆき
「ギャラリー・父の愛用品」   /遠藤展子(藤沢周平氏長女)
これも楽しみです。マタマタ長い書き込みのたーさんでした。
[2005年9月14日 14時47分22秒]

お名前: 彦   
慈慈さん、憶測、推測の大好きな私ですが・・。
このクイズはかなりの難問ですね。でも頑張って一人だけ上げてみます。
その人は『高垣眸』さんです。
ヒントは「快傑黒頭巾」「まぼろし城」は、いまでも不磨の聖典という感じ・・・」
とご本人が語っている(オール読み物平成4年10月号「馬の骨」のあの号です)
ことからの推測でした。

たーさん、読売新聞の記事ありがとうございました。
本当に驚きビックリでした。
[2005年9月14日 12時0分29秒]

お名前: 慈慈   
慣れないパソコンから書き込みしているので、改行などが変ですね
読みにくくてすみません。
[2005年9月14日 11時59分29秒]

お名前: 慈慈   
たーさん、ありがとうございました。
読むことができました。展示内容に「書簡」と有りましたが、興味あります。
鶴岡に喫茶「海坂」という所があり、ブラリと寄った所そこに葉書(h6頃だったかナ)が展示されていました。
店主が「全集未収録です」と話していました。
(受取人も内容も覚えてなくてゴメン)

慈慈は「藤沢周平記念館」が完成したら、藤沢先生最後の直筆が記念展示される事を望んでいます。
それが、原稿であれ、手紙であれハガキであれ。

理由は、藤沢先生が最後またはその時期に書いた筆跡(ふであと)には、闘病の苦しさの中でも、
誠実さを物語っている代えがたいものだからです。見ればはっきりと分かる代物なのです。

クイズの答えは、もう少し待ってからにさせてください。
証人には管理人さんになって頂きたいと思います。
ただし、kochanさんも知らないことなので、驚かせてあげようとおもっています。
[2005年9月14日 11時55分41秒]

お名前: たーさん   
慈慈さん出題のクイズ、私には全くわかりません。
そんな方がいたこと自体、想像もしませんでした。

読売新聞の夕刊内容、下記のアドレスで参照可能です。
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20050912bk15.htm
取り急ぎ書き込みました。
[2005年9月14日 10時3分3秒]

お名前: kochan(職場からこっそり)   
 皆様の感謝のお言葉をいただき、じんわりと涙が出ます。

 私は管理しない管理人ですから、私がすごいのではありません。
 ここに集まって下さる皆さんが素晴らしいのです。

 これから帰宅し全集を枕に、世田谷の夢を見ながら寝ます。すやぁー...ぐぉぐぉお〜...プス〜〜

 とりあえずお礼まで。
[2005年9月13日 23時9分38秒]

お名前: 慈慈   
『藤沢周平の世界展』に500点もの展示品が並ぶというのはすごいですね。
図録も出されるそうなので、これまでで最大の藤沢展になるのではないでしょうか。

ところでKOCHANさんへのお礼を込めて、クイズを出します。

「藤沢先生は、作家となった初期のころ、『ある作家のような作品を書いて行きたい』」と、
話しておられたのですが、その作家とは誰でしょうか」

エッセイ集を探しても出てきませんので、想像してください。
[2005年9月13日 14時53分24秒]

お名前: エミ   
たーさん 関根の皆さんこんにちちは。ご無沙汰いたしました。
世田谷文学館の「藤沢周平の世界展」いよいよ土曜日スタートですね。とても楽しみです。
ぜひ初日に行きたいと、今週はもう気持ちは周平さんの世界です。(ちょっとオーバー!)
世田谷文学館のいろいろな関連イベントも、(井上ひさし講演会、篠田三郎の藤沢作品の
朗読会、蝉しぐれの黒土監督の講演会など)ぜひ参加したいと思っています。

早々と職場に「休み」の届を出されたkochanさん、世田谷でお会いできるでしょうか。
2004/1の鶴岡でのオフ会以来ですがお目にかかれれば嬉しいです。

たーさん、「さすがデータベースのたーさん」ですね。この掲示板のスタートが7年前の
9/17だったことは記事一覧表のページを見ただけではわかりませんから・・・
書き込み総数の計算をしてみましたが、答えはやるたびに違い、たーさんとも違っているので
やめました。(時間だけは沢山ある閑人なものですから・・ でも根気が続きません)

みなさん 世田谷文学館でお会いしましょう!!
[2005年9月13日 14時46分31秒]

お名前: 慈   
夕刊ということは、地方の朝刊に載ったのだろうか。
「蝉しぐれ」の新事実、興味津々です。かいつまんで教えて下さいませんか。
関連記事情報や放送にも・・

管理人さんへの感謝はあらためていうまでもなく、このさいいっておく方がよさそうなので
あらためてありがとうございます。
[2005年9月13日 14時32分25秒]

お名前: たーさん   
お読みになった方もおられると思いますが、昨日(9/12日)読売新聞夕刊に藤沢周平展の記事がありました。
『蝉しぐれ』に関して、今回発見された新事実、なるほどと納得しました。

それはともかく、2005年9月17日からの『藤沢周平の世界展』、没後初の本格的な展示ということで
マスコミもかなり注目し、関心が高いようです。関連記事や放送も今後色々あるようです。

ところでこの掲示板、最近書き込みがチョッと少ないような気がして、ふっと以前のスレをいくつか読んでみました。
そしてあっと驚きました。この掲示板を管理人KOCHANさんがスタートしてくれたのが1998年9月17日。

スタートして満7年の同じ日に『藤沢周平の世界展』、管理人KOCHANさんの藤沢周平氏への熱き想いが通じたような・・・
こんなことがあるのか!。そんな思いで嬉しくなりました。同時にこの掲示板に本当に感謝しております。
迷惑を承知で、これからもっともっと書き込みさせて頂きます。
同時に皆様からの沢山の書き込みを楽しみにしています。

スタートから7年、9月12日迄の書き込み総数は、電卓で加算したところ1129件前後でした。
   ( 電卓でやるたびに答えが違って・・・精度98%です(^_-)-☆ )

登場人物総数、最大レスポンステーマ、上位登場人物・・・人様のHPをそこまで分析はしません。(笑)

長い書き込みになってしまいました。m(__)m。益々の発展を期待しているたーさんでした。
[2005年9月13日 12時14分56秒]
記事一覧に戻る