記事タイトル:ウォークラリー藤沢周平を訪ねて 


記事一覧に戻る
お名前: たーさん   
お久しぶりです。みなさんそれぞれ訪鶴されているのですね。
うらやましいです。去年は三回鶴岡に参りましたが、今年は未だ一度も・・・(^_^;)
羽黒町のオープンセット、昨年一月に見たきりです。貫禄が出たでしょうね。
『蝉しぐれ』を鶴岡で観る計画がありましたら、是非参加させてください。
[2005年5月19日 17時14分22秒]

お名前: 慈慈   
あれっ、いつ行ったんですか。
「五間川」って書かれていた文四郎の家の裏が、映画では大河のように
見えたんですけど・・。

もしかしたら、映画の前売りも購入しましたか。
三川のジャスコにもう一回行って、前売り券を買わねば。
「蝉しぐれ」は鶴岡の映画館で観る、と決めているんですヨ。
[2005年5月19日 13時13分19秒]

お名前: 馬宮内 淋豪   
 あれ、いつの間に鶴岡に!
当方は、5月6、7日の二日間で
鶴岡の空気と水と米
そして、酒を堪能しました。
三ヶ月に一度は、ここの空気が
胸に入らないと、狂う定めです。
周平さんの生家は
いつ行ってもサイレントですね。
だから、好きなのかなー!
[2005年5月17日 21時30分22秒]

お名前: 彦   
羽黒町のオープンセットを見物してきました。
牧家の縁側からのロケーションは曇りの天候で金峰山は見えませんでした。
下級武士の村落らしいセットでした。
翌日、鶴岡の町をブラブラと歩いてみゆき橋に辿りついたところで
小学4,5年生の一団に会いました。「おぅー、有ったぞぅ、ごま川」
子供たちの後ろからお母さんらしき人から「ごけん川、と云うの」との声。
子供たちの後ろから抱えている画板を覗くと
「藤沢周平を訪ねて、鶴岡をもっとしろう」と書かれた紙が挟まれていました。
こんなかたちで故郷に受け入れられている藤沢さんを見つけることができ
単純にうれしく思いました。
その後雷が鳴り大粒の雨が降る中を、
なお黙々と歩いている姿を見て少し胸が痛くなりました。止んでからゆっくり歩こう。
[2005年5月17日 12時31分4秒]
記事一覧に戻る