記事タイトル:こんにちは(kochan代送) 


記事一覧に戻る
お名前: kochan   
慈々さん 当選です。おめでとうございます。???

なるべく早くお送りします。

だだちゃ豆の旬はお盆過ぎですので、そのころに取ってゆでたものを冷凍していたものです。

家庭用の冷凍庫で保存しておりましたので味には自信がありません。

この豆は父母と兄が作ったものです。実家ではだだちゃ豆生産組合に加入していまして、
豆そのものは本当のだだちゃ豆です。といっても種類があるみたいで、そのどれかはわか
りません。明日あたり少し解凍して試して見たいと思います。

本家本元は大字白山というところの「しらやまだだちゃ」で、うちの豆は母が主に作りま
すので「関根ばばちゃ」というところでしょうか?

「DADDY BEANS」と呼ぶ人もいます。(蛇足)
[2000年4月22日 1時4分25秒]

お名前: 慈々   
だだちゃ豆の申し込みは締め切りましたでしょうか。
決死の覚悟で、申し込みさせて頂きます。
[2000年4月21日 11時40分15秒]

お名前: kochan   
我が家の冷蔵庫に、冷凍のだだちゃ豆を4袋ほど見つけました。母が作ったものです。

去年の夏の物なので、味は保証できませんがほしい方にクール宅急便で2人にプレゼント
(というより在庫処分)いたします。本当に味は保証しません。

食べ方としては、電子レンジで解凍して食べてください。(当たり前?)

送料はもちろん私が負担します。何故かと言うと、味が保証出来ないからです。

私がだだちゃ豆の評判を下げたと言われたくないので...

とにかく、私宛にメールで遠慮なく申し込んでみてください。早いもの勝ちです。

まずくても保証はしません。くれぐれも...かなり逃げ腰...
[2000年4月19日 23時35分14秒]

お名前: etsu   
こんにちは。etsuです。

下北沢でだだちゃ豆アイスを売っている、という情報について、
NONKOさんのご質問にお応えします。

下北沢駅南口を出たらそのまま道なりに進みます。
マクドナルドと確かタコ焼やさんの間の道だったと思いますが。
有名なパン屋さん「アンゼリカ」のある通りと言えば、
そのへんを歩いている人ならたいてい知っているはずです。
その「アンゼリカ」を通り過ぎて、もう少し先に行くと、
庄内米を扱っているお米屋さんがあります。
そのお米屋さんで「だだちゃ豆アイス」を販売していたと思います。
店名はちょっと覚えていませんが、
そのへんにお米屋さんはそこしかありません(たぶん)。
ちなみに徒歩でゆっくり歩いても5分程度です。
最近は確かめていないので、今でも売っているかどうか…。
下北沢はウチからかなり近いので、また確認して報告します。

藤沢周平さんに関するページなのに、
だだちゃ豆アイス情報だけでいいのかどうか悩みつつ…。
[2000年4月17日 13時19分18秒]

お名前: 慈々   
etsuさん、だだちゃ豆さん、あんぷらぐどさん  はじめまして

だだちゃ豆は標章登録されていると聞きましたが、そうなんでしょうか。
最近、だだちゃ豆のもろこし(?)が発売になった。と、友人が言って
ましたが、やはり枝豆の味がするんでしょうかね。
民田茄子はおいしそうですね。普通(?)の小茄子とは違うのでしょうね。
青江用心棒は、日本酒でしたけど、ビールの方が相性がよさそう、と
思ってしまいます。
おりから桜花の季節・・クーッ喉が鳴るナ〜
[2000年4月13日 16時14分20秒]

お名前: だだちゃ豆(kochan)   
だだちゃ豆は枝豆です。地元で特に有名なのは「白山(しらやま)だだちゃ」。んんまいですよ!。
民田ナスは鶴岡市大字民田(旧黄金村大字民田)で取れるんんまい小ナスです。
明解な答えは↓

だだちゃ豆と民田ナス
[2000年4月13日 12時20分32秒]

お名前: NONKO   
こんにちわ!
私はだだちゃ豆アイスの存在は、ついこの間知りました。
でも、東京で売っているところがあるのは、知りませんでした。
なんで知ったか、と言うとNHKでジュディ・オングさんが色々な地を訪れて紹介する番組が
あって、いつだったかが鶴岡のだだちゃ豆を作っている方の紹介でした。
「おいしそう〜」と思ったのですが、その時の紹介では庄内空港で買えると言う事でしたので
あきらめていました。下北はうちからそんなには遠くないので
面倒でなければ場所を教えていただきたいのですが・・・お暇な時で結構です。
 ところで、民田茄子は直径2儖漫福)の小さな丸くてかわいらしい茄子です。
鶴岡にしかないのではなかったかと思うのですが・・・
民田茄子の説明はやっぱりkochanにお願いします。なんで、民田なんでしったっけ?
とにかく、おいしいのです!!!
それでは・・・・
[2000年4月13日 11時31分28秒]

お名前: あんぷらぐど    URL
こんばんは,あんぷらぐどです。「だだちゃ豆アイス」と言う言葉に触発されて
書き込んでしまいました。昨年8月末に職員旅行で羽黒山に登った時に売っていて
試食してきました。美味しかったです。だだちゃ豆は結局枝豆だということでした。
 鶴岡まで行きながら時間がなくて結局どこにも行けなくて悔しかった旅行でした。
でも鳥海山に登ってきました。とってもいい山でした。
 
[2000年4月12日 23時32分53秒]

お名前: etsu   
NONKOさん、情報ありがとうございます。

「アミューズ」はときどき買って読んでいたのですが、

藤沢周平特集を組んでいたのは知りませんでした。不覚でした。

藤沢さん自身はそのお店で食べたり飲んだりしたことがあるのでしょうか???

それにしてもさすが銀座という場所柄、イイお値段ですねぇ。

いつもは近所の気取らない居酒屋で飲んでいるので、

「銀座」と聞くだけで、ビビッてしまいそうです。

でもそうですね、機会があったら、一度トライしてみましょう。


ちなみに下北沢に「だだちゃ豆アイス」というものを売っている

お店があります。残念ながらまだ食べたことはないのですが。

そこを通るたびにいつか食べてみたいとは思いつつ、なかなか手がでないのでした。


ところで、福島県にも小茄子の漬物はありますが、

「民田茄子」というのはどんなものなのでしょう。

いずれにしても茄子の漬物は大好きです。


それでは、えーっと、話の収拾がつかないままに失礼いたします。

kochan代送
[2000年4月12日 16時33分17秒]

お名前: NONKO   
こん〇〇わ!
etsuさん、はじめまして!
お酒から藤沢周平に入ってはまったと言う人は初めてです。
そういう所からはいっていく事もあるのかあ・・・と妙に納得してしまいました。
ところで、東京に住んでいらっしゃるという事で、一つお酒情報です!
前に、「アミューズ」という雑誌で藤沢周平特集をやった時に出ていたお店なのですが、
銀座に庄内料理を食べながらお酒が飲める「郷土料理 おばこ」というお店があるそうです。
私も、まだ行って見た事がないので内容はよくは分からないのですが、
その雑誌によると、著書を片手に『これが食べたい』と言ってくる方もいらっしゃいます。
とでていました。
私がぜひ食べていただきたいのは、だだちゃ豆と民田茄子の漬物と赤かぶ漬だと
思うのですが・・・
(庄内料理といえばkochan!こんなもんでいかがでしょう)

郷土料理 おばこ
    東京都中央区銀座1−4−10
    電話    03−3561−6466
    営業時間  11:30〜14:00(ランチタイム)
          16:30〜22:30
    定休日   土、日、祝日
          コース1万3000円、1万5000円 
          夜はお座敷はコースメニューのみになる。
          カウンターは1品ずつでも注文できる。
          ランチは1500円、2500円、3500円の3種類
                                以上です!
私もまだ行って見たことがないのですが、いずれ行って見たいと思っています。
書き込みに参加していただけないのは、とっても残念です。
kochan経由で又参加してください。お待ちしています!
それでは、失礼しました。
[2000年4月10日 1時47分24秒]

お名前: etsu   
はじめまして。
藤沢周平さん関連のホームページを見つけて
うれしくなってしまい、思わずメールしてしまいました。

自己紹介がおくれました。
etsuと申します。
福島県の出身ですが、東京に住んでいます。
藤沢さんのファン歴はまだまだ浅く、
他の皆様にはおよびもつきませんが。

私はお酒が好きで、何を隠そう藤沢周平という作家を知ったのも
ある意味ではお酒が縁ともいえるかもしれません。
ですが残念なことに、それは藤沢さんが
お亡くなりになってからのことです。
その頃のある雑誌に掲載されていた追悼文の一節を読んで
私は藤沢さんに興味を持ちました。
そこには「藤沢周平さんほど酒を呑むときの描写がうまい作家はいない」
というような意味のことが、書かれてありました。
どんな描写なのだろう、読んでるこちらも呑みたくなるような、
一緒に呑んでいるような気持ちになるというのはいったい???
そうこうして読んでいくうちにすっかり
ファンになってしまっていました。
まだまだ読んでいない作品はいっぱいですが、
なんだか一気に読んでしまうのはもったいなくて、
自分自身を焦らしながら読んでいるというのが本当のところかも知れません。

ついつい長いメールになってしまいました。
うれしさのあまりということで、ご容赦くださいませ。
ウチのパソコンとネットスケープの相性がイマイチなのか、
掲示板の書き込みがうまくできないので、
書き込みのお仲間にはなれそうにありませんが、
また時々ホームページを覗いて、皆さんの書き込みを
楽しみにしています。
それではまた。

kochan代送信(ご本人了承済)
[2000年4月1日 16時26分42秒]
記事一覧に戻る