記事タイトル:映画/記念館/全集 


記事一覧に戻る
お名前: 慈々   
青江松三郎 さんwrote   
  >映画化は・・うーん・応援しないとダメでしょうか?(涙)

一度観に行って、感想を述べる、と言う事で良い事にしましょう。
良かったら、もう一度行くかどうかは、・・
[2002年1月30日 17時22分40秒]

お名前: 青江松三郎   
うーん・・・うーん・・・うーん・・・

映画化は・・・うーん・・・

応援しないとダメでしょうか?(涙)
[2002年1月25日 0時2分10秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
皆さん
滋々さん
 大阪でも、空から白いものが落ちてきましたよ。あれもう止まりました。

●お尋ねの雑誌『一個人』は全国的なものです。ただ、藤沢さんの特集の号はいささか
以前のものですので、店頭にはないでしょうね。出版社に在庫があればいいですが。

●「長生きの秘訣」 う〜ん、わしはそんな年と思われているのかいな。かなわんのお。
(笑) まだまだ、法的には「老人」ではおまへん。エヘン。(自慢してどうする)

みなさん、お体をお大事にされてくださいね。ほんと。
---------------
あっ、追加追加。池内紀『ちょん髷(まげ)とネクタイ』新潮社 1800円に藤沢さんに
ついて掲載されているようです。池内紀さんの評論はユニークですので、楽しみです。
まだ、入手してません。
[2002年1月8日 14時22分37秒]

お名前: 慈々   
横山さん、有り難うございます。
2007年の開館予定ですか。もう少し早くして欲しいナ〜。

全集の方は、全集未収録と言う意味なんですね。納得です。

映画は、楽しみにしています。どんな仕上がりになるんでしょうね。

横山さんのページで紹介されている「一個人」という雑誌を初めて
知りました。
情報通のnonkoさんからの投稿もなかったし、関西限定と言う事では
ないんですよね。本屋さんに行ってみようっと。

あっそうそう、長生きの秘訣を見つけたら教えて下さいませ。
[2002年1月7日 11時7分5秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
一夜あければ 元朝の光あふるる 四方の春    
      (四方の春=あちこちに新春の気配が感じられること)
 
今年もよろしくおねがいもしうあげます。

               --------------------

■山田洋次監督作品 映画「たそがれ清兵衛」 秋以降公開予定
■「藤沢周平記念館」構想       2007年にオープン予定 

について、「庄内日報」「山形新聞」の記事からの要約を私のホームページに掲載しまし
た。

http://www.aianet.ne.jp/~yokoyama/
→改訂案内→「藤沢さん見つけた」と「藤沢さんの周辺」にあります。興味のある方どう
ぞ。内容が少ないので、あまり期待せずに見てくださいね。

          ----------------------

滋々さんの書いている『藤沢周平全集』ですが、新聞書籍広告によると、
「時代小説の名匠最晩年の名品とその文学の秘密を明かす書籍の数々」とあります。

補巻に入るのは、既刊の『全集』に入ってない作品でしょうから、補巻二巻ぶんは
じゅうぶんあると思いますが。

また、別巻一冊は書簡集だと推測しています。

              ----------------
刊行が楽しみですね。そして、秋は映画、わくわくします。
それまで生きていようっと。(オイオイ)


                 
[2002年1月4日 21時19分16秒]
記事一覧に戻る