記事タイトル:鶴岡・桜・藤沢周平さん 


書き込み欄へ 記事一覧に戻る
お名前: 慈慈   
立風書房さんって、初期の短編集を出版していましたよネ。
「竹光始末」とか「時雨のあと」とか。
でも、藤沢作品が売れるにつれて、大手の出版社だけが
お仕事するようになって・・

本日、購入。パラパラと読んでいます。
鶴岡のお花見に行って見ようかな、と思いつつ。
[2003年4月2日 15時43分15秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
大阪では、桜のつぼみがふくらんできました。
鶴岡公園のお堀の桜が咲くのはいつのころでしょうか。きれいでしょうね。


さて、雑誌で 鶴岡の花見ができます。

■立風書房 月刊雑誌 『天上大風』5月創刊号 650円 
  「季節の贈り物・藤沢周平のふるさと、庄内に咲く「北国の桜」

●桜の写真など 鶴岡の高校の先生・松田静子さんの文「藤沢作品の桜」  
    ・『藤沢周平の魅力』庄内日報社 ぶっくすプロ本の森発売 
       2000.07.10 2000円  の著作があります。
    ・鶴岡市役所のホームページにも 書かれている方です。
[2003年3月27日 16時13分31秒]
記事一覧に戻る