記事タイトル:DVD 


記事一覧に戻る
お名前: NONKO   
私もお久しぶりです。
DVD上映はかなり難しいのでは・・・
映画には映像権と言うものがあり、映画を上映するには一日何回上映するかによって
使用料がかかると言う話を前に聞いた事があります。
そのために記念館の入館料が上がるのも、なんだか・・・と言う気もするし・・・
映像をながすコーナーがあったらいいなあとは思いますが、
kochanのいうとおり、本がメインになるのですから、
映像になった原作を集めたコーナーなんて言うのはどうでしょうかねえ。(*^_^*)

ちなみに今、NHKで月曜から金曜までお昼の2時5分〜2時50分まで
『腕におぼえあり 3』の再放送をやっています。

では、また。
[2003年6月13日 23時55分12秒]

お名前: kochan   
 横山さんお久しぶりです。(というか、なかなか登場しなくて管理者失格m(__)m )

 タイガースの好調おめでとさんです。でも、去年も前半よかったですよね。これからが勝負?
私は野茂が勝つのが楽しみなので、ジャイアンツはぶっ飛ばしてよーがんす。じゃんじゃんやっ
て下さい。

 記念館で上映の話ですが...ソーなんですよ。でもね。著作権の問題があるので、いろんな
方がそれを許してくれるかどうかですね。NHKなんかはチョー厳しいそうですからね。松竹も
同じでしょう。その辺は燃えてみたいところですね。もし私が記念館の仕事できるなら、人生掛
けますよ。記念館で何が見たいか、何に感動したいか、そんな話をもっと聞かせてくださいね。
あてにはなりませんが、鶴岡にあるHPですから誰かが見ていますよ。ファンの期待に答えない
記念館はあり得ないでしょう。藤沢さんもその辺はきっと納得してくれる事でしょうが、ただ、
私としては(皆さんも同じでしょうが)私たちにこんな素晴らしい財産を残してくれた藤沢さん
の本当の心が伝わるようなそんな記念館にしたいですね。
 というのは、たとえば山田監督が描いた藤沢作品は山田監督の意思を藤沢作品を媒介として描
いたものであり、それは作品のひとつの具現化の手法(映画)なわけですから、それが中心とし
て入館者にとらえられるようであればそれはウソなのです。
 藤沢作品はあくまでも本や雑誌の小説として書かれた物であり、それが主でなければなりませ
んよね。それは海坂についても同じ事で、鶴岡と海坂はけして同じでは無いということではない
でしょうか。鶴岡の致道館を小説に出てくる藩校と重ねたり、鶴岡の気の良い飲み屋の女将さん
を小説の女将さんと重ねたりするのは良いとして、町=海坂とするのは私は嫌いです。
 海坂は藤沢さんが鶴岡で育ったこと、鶴岡=母、というようなそういう望郷の念を込めた愛の
ある小藩なのではないでしょうか?(勝手な解釈ですみません)
 藤沢さんは社会問題を直接的にどうこう言う人ではありませんでした。(その辺は佐高さんに
おまかせ?)でも、作品のいたるところに、我々が進むべき道を潜ませて導いてくれる。あるい
はそう思わせてくれているのではないでしょうか。
 そういう意味では、世の中のいろんなところで社会を良い方向に導こうとしている方々の背中
を押しているのが藤沢さんだと勝ってに思っているのです。
 そういう方々の中で、本当にそうだと思う人をあえて記念館で紹介するというのも良いかもし
れないと思ったりもします。簡単ではないので実現しないでしょうけどね。

 昨日の事ですが、市役所の周辺で海坂地図をみているおじさんを見ました。思わず「よぐござ
ったの。藤沢ふぁんだでがんすが?どごさいぎでなでがんすか?お連れしますんず。(鶴岡へよ
うこそ。藤沢ファンの方ですか?何処に行きたいのですか?お連れしますよ。)と言いたかった
のですが、忙しくて車を止められませんでした。ちょっと欲求ふまんです。

 久しぶりに燃えてしまいました。悪態最後まで読んでくれてありがとうございます。
[2003年6月12日 22時27分27秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
おひさしぶりです。わが阪神Tigersの快進撃で多忙です(笑) 痛快愉快爽快ははは。

kochan さん DVDのなかには、映画以外の映画製作の----というようなものも
入っていますか? kochan さんの宝物がまたできましたね。

藤沢周平記念館の一室に 藤沢さん関連の映画・テレビなどの視聴コーナーもあると
いいですね。機会があれば、提案してみてください。

********************山田洋次さんの語る映画「たそがれ清兵衛」***************
雑誌『PHP』7月号・PHP研究所 190円に
山田洋次監督インタビュー 「たそがれ清兵衛」で語りたかったこと
という特別企画が掲載されています。全6ページ。
●「たそがれ清兵衛」、その感動の世界
●なぜ「たそがれ清兵衛」の生き方に惹かれるのか?
[2003年6月11日 12時19分20秒]

お名前: kochan   
 松竹のDVDが先日届きまして、職場のパソコンとプラズマで昼休みに上映しました。
 DVDは途中から見られるからいいですね。後の仕事もはかどったみたい。???
 みんな優しくなって職場の雰囲気も良くなったかも。

 「たまにはみんなで藤沢作品」というコピーはどうでしょう。
 日本人は日本人らしく優しくならねばダメだんでがんしねがー。m(__)m
[2003年6月10日 20時6分45秒]
記事一覧に戻る