記事タイトル:『たそがれ清兵衛の人間像』 


記事一覧に戻る
お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
●kochan  さん

ぼくには無理です。もう、難しいことは(涙と笑)
藤沢さんみたいに 平易な日本語で語ってくださるといいですが、
どうもねえ。
[2004年10月17日 17時47分9秒]

お名前: kochan   
横山さん 毎度ありがとうございます。(^o^)丿

映画と小説の比較・関係が説明されているというのは有難いですね。
読みやすくて誰でも理解できるならもっと有難いと思います。

私では読めそうも無いので横山さんの読解力で平文に直して少し紹介してもらえないでしょう
か?我侭でごめんなさい。m(__)m
[2004年10月5日 12時50分50秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
大阪では、桜の梢の先の葉が色づきはじめました。
みなさんとこは、どうですか。

               *
新刊のお知らせです。
高津國生『たそがれ清兵衛の人間像〜藤沢周平・山田洋次の作品世界』
                   花伝社 04.9.3 2000円

『時代小説の人間像 藤沢周平とともに歩く』花伝社の著者です。
ヘーゲル研究の学者です。
ので(笑)、だから(笑) 藤沢作品を読むようなわけにはまいりません。
しばらくはその文体になれる必要があります。大学の研究誌に発表し
た論文に加筆し、出版したものだそうです。

                *
目次から
■藤沢周平・山田洋次の作品世界の重なり合いによって生み出されたもの
■この映画の目指したもの
■映画と原作との共通点と相違点
■藤沢周平・山田洋次の作品世界の立場
■現代日本の文化における藤沢・山田作品世界の重なり合いの意味
[2004年10月4日 17時27分57秒]
記事一覧に戻る