記事タイトル:しぐれ町・第四回 


記事一覧に戻る
お名前: NONKO   
おふさの演技・・・
あれは、本心かわざとなのか・・・
 実は私もつい何年か前にあれに似た事を体験しました。
私が会ったのは、元彼氏だったんですけど・・・
15年ぶりに連絡をもらって、二人で会うことになった訳だけど・・・
結構永く付き合っていたもので、会う前は喧嘩別れした割にはいい事しか思いださなっかた。
つまり、未練はいっぱいの再会。だったのでしたが、しかし・・・
私の取った行動は、まさに「おふさ」そのもの。
今自分はいかに幸せかとか、理想的な人生を送っているとか、
それも、これもあなたが分かれてくれたおかげだとか・・・ETC・・・
今考えると、精一杯の強がりだったと思うのだけど、なんとまあ可愛げのないということですよね。相手はがっかりしていたみたいでした。
だから、「おふさ」の本心は私には分かりません。女は本心をあえて隠す事もある。のです。
[2001年2月2日 21時40分32秒]

お名前: 慈々   
そのぅ、なんですナ。年取って、小金が溜まり、家うちもそれなりに落ち着いて
くると、同級生の顔や幼なじみの事が、フッと思い出されたり、とかするもんな
んでしょうナ

こっちが思うほどに、あちらは気にも掛けていなかった、なんて事になって・・
昨日の“しぐれ町”は、アタリでしたナ〜。
いっちゃんヨカッタのは、おふさ。ありゃぁ天才的演技でしたナ〜。
”あんたなんか、ただの幼なじみヨ”ってところから、一歩も出てこない見事さ
林隆三の、未練タラタラに比べて、あーまでアッサリと演じられると、演技だか
地だか、分からんですナ〜。

ところで、一番興味持ってるのは、おもんの旦那、根付け師は誰が登場して来る
んでしょうかネ。まさか小林圭樹ってか・・

原作がしっかりしてると、いいドラマになって行くもんですナ〜。
[2001年1月30日 15時7分28秒]
記事一覧に戻る