記事タイトル:「蝉しぐれ」いよいよNHK金曜時代劇に登場 


記事一覧に戻る
お名前: 青江松三郎   
本日(7/4)発売の 「時代劇マガジンVol.4」辰巳出版、1200円+税 に蝉しぐれの記事が載っていますよ。

とりいそぎご報告まで(^^;
[2003年7月4日 19時23分52秒]

お名前: 慈慈   
ご無沙汰しております。
その後NHK「蝉しぐれ」の情報はございませんでしょうか。
撮影の様子とか出演者とか・・

鶴岡市の掲示板「みゆき橋」で地元の様子を聞いたのですが、
反応がいまいちでした。

NHKのページには製作発表も載っていないようだし・・
[2003年7月3日 13時31分59秒]

お名前: 青江松三郎   
慈慈さん、ご心配かけました(^^;。そして新潟さん、初めまして、よろしくお願いいたします。
さて、遅レスですが、ちょっとだけ訂正を。
えーと、僕が言いたかったのは「しぐれ町」や「たそがれ」の如く、原作を損なっていない出来であることを
期待したいなぁと言うことでして・・・えーつまり僕は「しぐれ町」「たそがれ」については、
どちらかと言うと肯定派だということです。
蝉しぐれの映像化については今でも反対ですし、できることなら流れてほしいと願うくらいなんですが(笑)、
でもどうしても映像化するのであれば、せめて、原作に忠実であった(と、僕が感じた)「しぐれ町」か、
原作3編やその他の作品に対して深い理解と愛情を注ぎ込んでいた(と、僕が感じた)「たそがれ」並の
作品であって欲しいな、と思っているということなんです。

とにかく、本当に良い作品になってほしいと思っています。
初めて観る人が「原作を読みたい!」と思ってくださるような・・・。
[2003年5月5日 18時59分3秒]

お名前: 新潟清左衛門   
青江松三郎 様
初めまして、新潟の清左衛門です。おっしゃることはよくわかります。
私も、『人情しぐれ町』は、がっくりときました。『たそがれ清兵衛』
も、評判ほどは、満足していません。

でも、映画『たそがれ清兵衛』のおかげで、『藤沢周平』の名前が
色々な場面で、話題になるのが、私はうれしいのです。
これだけの作家は、もうなかなかでてこないでしょう。

だから、なおさら、私は、なるべくたくさんの人に、『藤沢周平』を
知って欲しいのです。それには、やっぱり、マスコミ(テレビ、映画)
の力は、大きいです。

こんな世の中です。少しでも多くの人達に、『周平文学』を読んで
もらたい。そして、このテレビドラマを見た人達が、今度は原作を
読んでみよう。そういう、『きっかけ』になったら、これは『周平』
ファンとしたら、こんなにうれしいことはないと思いますが、

いかがでしょうか。私は、もつともっとたくさんの人達に、『藤沢周平
文学』を知ってもらいたい。これだけの財産は他にはありません。
最後まで、ドラマを見て、それから『いい』゜『悪い』のを判断を
しましょう。………でも、心配は心配です。

どなたか、これについて、ご意見を下さい。待っています。
[2003年4月30日 22時55分53秒]

お名前: 慈慈   
やぁ、元気そうで一安心しました。

以下の発言、慈慈が編集しました。悪しからず。
青松氏>正直に申しまして、非常に残念です・・とにかく納得のいく、良い作品になることを
    信じたいと思います。

おっしゃるとおりですね。映像化される事によって原作の良さが損なわれるのが、一番心配
です。
しかし、原作を読んでいない人にとっては、映像作品が全てなので、いい作品に仕上がって
欲しいと願っています。
"原作を読んで見たい"と思うように・・

楽しみ半分、不安半分といった所でしょうか。
[2003年4月28日 17時8分17秒]

お名前: 青江松三郎    URL
皆様こんにちは、お久しぶりです。
ご心配をおかけしてしまったようで申し訳ありません、青江はどうにか生きております(笑)
さて、「蝉しぐれ」、ついに・・・と言うか、とうとう・・・と言うか、映像化だそうですね。
正直に申しまして、非常に残念です。ファンならば、喜ぶべきなのでしょうけど・・・。
ドラマ「人情しぐれ町」や映画「たそがれ清兵衛」の例もあることだし、
とにかく納得のいく、良い作品になることを信じたいと思います。
[2003年4月26日 17時5分18秒]

お名前: 新潟清左衛門   
 慈慈 殿
ちょつと、欲張ってしまいました。
「清左衛門」と「新兵衛」両方の名前を使うなんて
これは、藤沢ファンに叱られますね。

まあ、色々な読み方、見方があるでしょうが、「海鳴り」
は、いいですね。読んでいて何とか二人を、逃がして
あげたい。一緒にさせてあげたいと、応援したくなる
そんな気持ちにさせる小説ですね。

これも、藤沢周平の並々ならぬ力だと思います。
「海鳴り」のような体験をしたいですね。
越後の春、満開の桜、読むのは「花のあと」
[2003年4月17日 14時19分32秒]

お名前: 慈慈   
おや、越後屋のご主人、お初(?)にお目にかかりますです。
せきねにも、賑わいが戻って欲しいですナ

青井の松さんは閉店したようだし、元気にしてるんだろうか

それにしても「海鳴り」とは玄人好みですな。
しかも、お相手に“4×以下”の限定とは、越後屋さんもお好みにウルサ方ですナ

楽しみです
[2003年4月16日 9時30分40秒]

お名前: 越後屋新兵衛   
横山文四郎殿  慈慈殿  関根からのファンの皆様

「蝉しぐれ」の後は、是非「海鳴り」をお願いしたいですね。
これは、私のはまり役です。横山文四郎殿にさきがけて、私が
役をいただきました。

ただし、「おこう」さんの役は、まだ決まっていません。
出来れば、「XX歳」以下の人にお願いします。
何人応募されても、いっこうにかまいません。最初のXが
4以下という条件を満たせば、受け付けます。
では、「おこう」さん待っています。
[2003年4月15日 22時57分21秒]

お名前: 慈慈   
新潟さん、はじめまして。
「蝉しぐれ」の映像化は難しいのでは、と思っていましたので、
NHKさんにがんばって欲しいです。

いよいよ横山文四郎さんの登場ですね。楽しみ楽しみ。
[2003年4月8日 8時55分38秒]

お名前: 大阪・「残日録」・横山稔    URL
大阪は、桜吹雪でございます。みなさんとこは、如何ですか。

新潟左衛門殿 こんにちは。ビッグニュースですね。
テレビドラマ『三屋清左衛門残日録』のような作品になればいいですね。
 あのテレビを見て、藤沢周平さんの読者になられたという方を 数人知っています。
 こんども、藤沢さんファンが増えるかもしれませんね。

        ********************************

ところで、まだ記者会見も製作発表もされていませんが、

みなさんには申し訳ないですけどね、
『蝉しぐれ』の文四郎さんの役は、何を隠そうこの横山稔君に決定してますからね。

作品中 横山家老? というおじさんが出てきますが、あの役は私横山とは違います。


なお、おふくさんの役は公募しますので、「私したいわあ」と言う方は、ここへ
書き込みをしてください。私、文四郎が審査して決めさせていただきます。

なお、他の役をご希望の方は、名のり出てください。
おふくさんの指に噛みついた蛇の役でもいいですぞ。(笑)
[2003年4月6日 21時46分10秒]

お名前: 新潟清左衛門   
はじめまして
小生、59歳、定年を後、1年後にひかえた新潟の清左衛門です。
「鶴岡藤沢周平文学愛好会」(本間安子代表)の会員です。
3月16日(日)鶴岡市立図書館にて、今年度の「愛好会」の総会が
ありました。
その席上藤沢周平の代表作品である「蝉しぐれ」がいよいよ
NHK金曜時代劇で放映されるという報告が事務局よりありました。
「鶴岡藤沢周平文学愛好会」の事務局に「小菅和子」夫人から
連絡があったそうです。
8月1日(金)9時15分〜10時まで8回位やるんじゃないでしょうか
楽しみでもあり、心配でもあり、複雑な心境です。
4年ほど前から職場のパソコンで「関根から」のホ−ムペ−ジ見ていました。
今度やっとパソコンを買いましたのでこれからは時々お便りさせて頂きます
よろしくお願い致します。
[2003年4月5日 20時41分13秒]
記事一覧に戻る